洗濯マークが全部バツをクリーニングするの唯一の方法

洗濯マークが全部バツのクリーニングはどうしたらいいの

麻衣
麻衣

洗濯マークが全部バツのクリーニングってどうしたらいいのでしょうか?

わたしの身近な例でも、実際にこんな表示がありました。

洗濯絵表示は、左から順にこんな意味です。

  1. 家庭洗い禁止
  2. 漂白禁止
  3. タンブラー乾燥禁止
  4. アイロンがけ禁止
  5. ドライクリーニング禁止
  6. ウェットクリーニング禁止

引き受けてくれるのはKILEINAだけ

結論を先にいうと、洗濯マークが全部バツでもクリーニングを引き受けてくれるのは、ネット宅配クリーニング『KILEINA』だけでした。

KILEINAのサイトにはこんな表現があります。

どんな服でも扱う

地元のクリーニング店で断られたり
失敗のリスクをくどく言われた

取り扱い表示が無い。または、取り扱い表示が全て「×」

なぜKILEINAではクリーニングを引き受けるのか

衣料品メーカーがクリーニングを禁止しているのには、必ず理由があります。

KILEINAでは、自分たちの経験と積み重ねてきた技術でそれをカバーしようとしていますが、そのためには手間ひまがかかるのが普通です。

手間ひまがかかるの で、一般のクリーニング店では経営効率が悪くなるので、面倒な材質は最初からお断りしているのです。

KILEINAでは、ユーザーの声に徹底的に応えようというプロの根性で仕事に立ち向かっています。

洗濯マークが全部バツの製品をクリーニングに出したいなら『KILEINA』に依頼するのが唯一の手段です。

KILEINAの紹介記事はこちら

『キレイナ』の公式サイトはこちら

他のクリーニング店では全部断られた

近所のクリーニング店では断られる

洗濯表示が全部バツの製品は、怖くて家庭では洗濯できません。

近所のクリーニング店を訪ねてみましたが、
「こんなのは無理だよ、どこのクリーニング屋さんでも扱ってくれないよ」
なんて言われてしまいました。

さて、こんな状況でどうしたら良いでしょうか。

そもそも、近所のクリーニング屋さんって、自社工場を持っていなくて、取次店だけの機能を担っているところが多いので、そこで店員を問い詰めてもどうにもならないのです。

ネットクリーニング店ならどうか

麻衣
麻衣

このデリクリ サイトでは、10個のサイト型宅配クリーニングサービスを紹介しています。
.
それぞれのショップで、洗濯マークが全部バツの製品を受け入れてくれるかどうか調べてみました。

下のネット宅配クリーニング店では、洗濯マークが全部バツの商品は取り扱っていません。

  • リネット
  • リナビス
  • せんたく便
  • リコーベ
  • Wasu Closet
  • クリーニング東京
  • 美服パック
  • ホワイト急便
  • ランドリーバスケット

まとめ

クリーニングマークが全部バツの製品は、通常はクリーニングをすることが出来ません。
しかし、思い出の品であったり、特に大切にしている衣装であったり、どうしてもクリーニングをしたい場合もあるものです。

そんな時の救済手段として、ネット宅配クリーニング『KILEINA』を使いましょう。

『キレイナ』の公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました