美服パックは激安の宅配クリーニング!その価格の秘密とは

美服パック事業の宅配クリーニングとは

『美服パック』は、福岡に本社があり、宅配クリーニングで10年以上の実績がある株式会社トゥトゥモロウが運営する、ネット型宅配クリーニングのブランド名です。

株式会社トゥトゥモロウ って、カタカナで書くと訳が分かりませんが英語の『TO TOMORROW』なんです。

会社のロゴはこれ。
 
株式会社トゥトゥモロウがこれまで手掛けてきた『宅配クリーニング』事業は、最近人気のネット型宅配クリーニングではなく、宅配ピザのように、電話で注文を受けて1時間以内に 担当者が直接訪問する地域密着型の宅配クリーニング店なのです。

クリーニング店としての実績は地域のクリーニング店としての信頼も厚く、クリーニング技術は確かなので安心して任せられます。

そんな事業経験を活かして新しい展開を図っているのがネット型宅配クリーニングの『美服パック』なのです。

美服パックの特徴は

柔らか頭でアイディアあふれる事業展開を進めて会社を育ててきた、坂田知裕社長が新しい事業展開に惜しげもなく投入してきたアイディアとは?

保管業務と業界一とも言える激安料金設定

最近急激に人気が出て来た宅配クリーニング事業ですが、事業者が乱立して過当競争の気配さえ見え隠れしています。

そんな業界に参入するに当たって、敏腕社長が無策で立ち向かうはずがありません。
ユーザーに喜ばれる条件を調査して決断したのが『長期保管サービス』『価格破壊』作戦です。

宅配クリーニングの人気が伸びている要素の一つが『長期保管業務』なんです。
冬物衣料品のコートやジャケットなどは、かさ張るのでクローゼットでかなりの場所を取ります。
クリーニングのついでに、来シーズンまで保管してもらえればとても便利ですね。

ですから『美服パック』には、保管なしの格安パック保管あり(最長6ヶ月)の2通りのサービスを用意しています。
料金は、いずれも業界最安値と言えるほどの激安です。

破格の料金体系は『保管あり』と『保管なし』

『美服パック』保管あり(最長6ヶ月)の料金設定

  • Aプラン(10点)の料金
     7,980円(税抜)⇒単価@798円
  • Bプラン(20点)の料金
     10,980円(税抜)⇒単価@549円

保管サービス付きの大手他社と料金を比較してみましょう。(下表参照)
保管期間が6ヶ月と若干短いものの、料金は半額に近いほどの激安です。

『美服パック』の公式サイトはこちら

会社名 保管期間 料金(税抜) @単価
美服パック(保管あり)
Aプラン(10点)
Bプラン(20点)

6ヶ月
6ヶ月

7,980円
10,980円

@798円
@549円
リネット PREMIUM CLOAK
7点
12点
18点

8ヶ月
8ヶ月
8ヶ月

9,800円
16,800円
24,800円

@1,400円
@1,400円
@1,378円
カジタク
6点
10点
15点

9ヶ月
9ヶ月
9ヶ月

9,000円
12,000円
15,000円

@1,500円
@1,200円
@1,000円
リナビス
5点
10点
20点

9ヶ月
9ヶ月
9ヶ月

7,800円
16,800円
18,800円

@1,560円
@1,080円
@940円

※2019年8月7日調査

『美服パック』保管なしの料金設定

  • Aプラン(10+1点)の料金
     5,980円(税抜)⇒単価@544円
  • Bプラン(15点)の料金
     7,980円(税抜)⇒単価@532円
  • Cプラン(20点)の料金
     9,980円(税抜)⇒単価@499円

手続きは簡単、早速手元の箱に洋服を詰めましょう

美服パックのネットで申込みが済んだら、手元にある箱に洋服を詰めてすぐに送ることが出来ます。

よくあるような、指定の送付キットの到着を待つ必要がありませんから、作業が早いです。

縦横高さの合計が140cm以内の大きさなら、箱でもバッグでも構いませんが、この箱は戻って来ないいので、返却が必要な箱は使わないでください。
無料のダンボール箱は、スーパーなどでもらうことが出来ますよ。

若干裏技的ですが、佐川に連絡(営業所に行く)すれば、専用の箱を販売しています。
佐川エクスプレスBOX LL(140)は、税込みで246円です。

モウさん
モウさん

美服パックの料金の安さを考慮すれば、246円の箱代負担は、十分に価値がある選択ですよ。

『美服パック』の公式サイトはこちら

指定業者に電話すると取りに来てくれます

申込みが済み、箱詰めが終わったら指定業者(佐川急便)に集荷依頼の電話をします。

佐川急便の担当者が無料で集荷に来てくれますから、引き渡しをすれば完了です。

美服パックが格安なのは理由があります

美服パックの料金がやすいのには、ちゃんと理由があります。
クリーニング技術の手抜きをしているわけではありません。

オプション加工は有料だから基本料金が安い

美服パックでは、防虫加工、毛玉取り加工、撥水ガード加工は、有料のオプションサービスになっています。

宅配クリーニングのショップによっては、これらが全部を無料サービスとして提供しているお店もあります。
しかし、美服パックでは有料になっています。

美服パックでは有料だから、サービス態度が悪いとか、顧客のことを考えていないと言えるでしょうか。

必要性を感じていない人にまで余計な加工を押し付けて基本料金が高くなることが、本当の顧客サービスでしょうか。

基本的なシミ抜き加工は無料サービスにしていますが、 必要な人には有料でサービスを提供して、あまり必要性を感じない人に対しては、サービスを割愛して基本料金を下げる料金設定、これが、美服パックが顧客の立場で考えた本当の顧客サービスです。

だから、基本料金が安く出来るのです。

下のハンガーBOXは、3,900円の有料になりますが、必要な人にはこのようなサービスも用意しています。

できるだけ費用をかけないで、基本料金を下げる工夫

多くの宅配クリーニングにおいては、ネットで申し込みをすると、送付キットや専用の送付バッグなどが送られてきます。

しかし、美服パックでは、そのようなセットはありません。
お手元にある空き箱を使ってくださいというわけです。
手頃な空き箱がなければ、ご近所のスーパーで分けてもらえます。

美服パックの口コミ情報の中には、
 「空き箱を用意するのがめんどくさい」
と書いている人がいます。

確かに、面倒かもしれません。
面倒だと感じる人にとっては、クリーニング屋さんから、指定の箱が送られてくる方が楽でしょうね。

だけど、送られてくる箱やバッグの代金、送られてくる運賃、手配する人件費など、無の空間から生まれてくると思っていますか?
当たり前のことですが、クリーニングの基本料金に含まれているのです。
つまり、ユーザー自身がお金を出して、無意識のうちにその便利さを買っているのです。

そのサービスの価値を感じて買うならばそれで結構だし、それを望む人もいるでしょう。
しかし、その程度のことは自分でやるから、基本料金を下げて欲しい人もいるのです。

そのような人たちに、基本料金を下げるという方法で対応しているのが美服パックなのです。

扱えない衣服がある

どんな衣料品でも対応しようとすると、設備や対応するための人材育成で費用が発生するのは当然のことです。

基本料金をカットするためには、資源を集中させなければなりません。

そのため、美服パックでは対応できない『取り扱い除外品』が結構あります。
次の品物が入っていた場合は、クリーニングをしないで、仕上がり品と一緒に返送されます。

  • 毛皮類、皮革類、和服類など特殊なクリーニンを施す衣類
  • バッグ・くつなど洋服以外の衣類全般
  • 洗濯絵表示が全てXで、クリーニング出来ない衣類
  • 劣化が見られる衣類
  • 毛皮(天然ファーを含む)・皮革などの付属品が取り外し不可の衣類
  • スキーウェア、スノボウェア、フィッシングウェア等撥水加工を施しているもの
  • ドレス

実際の画面で申込みをすると意外と簡単

最初にこんなページが開きます。
(1)申込みをするプランの個数を入力してください。
(2)加工オプションを選んでください。
(3)返送時期を選んでください。


これをクリックして、次のページに移って、支払方法や住所氏名などを入力します。
最後に

これをクリックして、決済をすれば終了です。

後は、空箱を探して衣類を送ってください。

『美服パック』の公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました