Wash Closet(ウォッシュクローゼット)はプロの保管サービス

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)はプロの保管サービス

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)は、宅配クリーニングのネクシーが、ワンランク上のサービスとして新しく立ち上げたブランドです。

従来の宅配クリーニングの枠を超えて、長期保管に焦点を当てているのが大きな特徴です。

サービスの範疇としては『宅配クリーニング』に分類されますが、むしろクリーニングは付随的な手段の一つであって、本質的には『プロの衣料品長期保管サービス』と言うべきなのです。

衣料品保管のがっかりは誰もが経験していること

自宅の洋服ダンスやクローゼットに吊るしておいた洋服が、カビだらけになっていたり、虫に喰われて穴だらけだったり、一部が変色したりして、がっかりした経験は誰しもあることと思います。

衣料品の保管はプロでも難しい『汚れ』と『空気』と『光』の影響

保管の前に『汚れ』を落とすのは当然

『汚れ』はもちろん衣料品をダメにする元凶です。
保管する前に、きれいな状態に整えなければなりません。

もしも汚れがついたまま保管していたら、繊維にこびりついて取れなくなるだろうし、汚れが広がってしまうかもしれません。

そのため、Wash Closet(ウォッシュクローゼット)では、お預かりした品物をまずシミ落としや補修をほどこしてからクリーニングをします。

保管する前に、完璧にきれいにすることがまず第一の条件です。

悪い『空気』を取り除く

さらに、意外なことに、『空気』も繊維を傷める原因になることをご存知でしょうか?
えっ! 空気が!?
と、思いますよね。

空気と言っても、悪さをするのは、水分と酸素です。
酸素は酸化作用をもたらしますが、それよりも空気の中で特に悪いのは『水分』つまり『湿気』なのです。

湿気がジメジメした環境に保管しておいたら、カビが生えたり、繊維がぼろぼろになる姿を思い浮かべることが出来ますね。

ですから、Wash Closet(ウォッシュクローゼット)では、お預かりした品物の真空処理をほどこしてから、温度と湿度が管理された、専用の部屋で保管するのです。

『光』を遮断する

『光』も衣料品に対して害をもたらすのです。
長時間、光に当たっていると色褪せや繊維の劣化を発生することはご存知のことと思います。 ですから、長期間保管する場合には、遮光は重要な要素になるのです。

その対策として、Wash Closet(ウォッシュクローゼット)では、保管する品物に、暗幕に包んで光を遮断する処置をします。

もちろん、保管する部屋は暗いのですが、物品の出し入れの際には、ドアを開けるし点灯もしますから、そのような光も当たらないようにlux 0(ルクスゼロ)の環境を作り衣類を保管します。

出荷直前にもう一度仕上げのクリーニング

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)では、お預かりした品物をお客様に返却(出荷)する直前にもう一度仕上げのクリーニングをします。


長期保管中にわずかでも折りシワなどがついているかもしれません。

お預かりした衣料品を最高の状態でお返しすることが、プロの保管としての最後の仕事です。

そのために仕上げとしての2回目のクリーニング!
プロは、自分の仕事では絶対に手を抜きません。

『汚れ』と『空気』と『光』の対策と仕上げのクリーニング

『汚れ』『空気』『光』に徹底的にこだわって衣類を守る。
さらには、最高の状態でお返しするために『仕上げのクリーニング』

ここまで『保管』に徹底した仕事ができるのは 宅配クリーニングのNexcyが提供するWashCloset(ウォッシュクローゼット)だけです。

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)の公式サイトはこちら

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)のメリット

ネット申込みで簡単な手順

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)は、ネットで簡単申し込み、送られてきた送付キットに洋服を詰めて、集荷に来る佐川便に渡すだけ。

荷物を運ぶ必要もなく店舗に出かける手間もいらないので、楽ちんです。

プロの技術で衣類を最高の状態に整えて、最長7ヶ月間保管してくれます。
保管期間終了前に、仕上げのクリーニングをして、指定の日にお届けします。

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)の公式サイトはこちら

ネクシーの実績に裏付けられた確かな技術のプロ集団

クリーニングの実績に裏付けられた技術者が一つひとつの品物に目を配ります。

最初に、品物の全体をチェックして、軽微なほつれやボタン外れ、破れた箇所の補修など、通常では追加料金が当たり前の修理も無料で行います。

専用クリーナーを使用し手作業で一つ一つ時間丁寧に対応し、追加料金無しで 毛玉を取り除きます。

クリーニングは、全て手洗いというこだわりようです。

保管環境は、ホコリやダニはもちろん、光と空気にまで配慮した業界でも最高水準の環境です。

分かりやすい格安なセット料金制度

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)の料金は、スタンダードプランとプレミアムプランに分かれていて、それぞれサイズが7点パック、10点パック、15点パックがあります。

例えば、プレミアム10点パックは14,000円で、品物の点数が7点以下であれば同一料金です。

追加1点毎に2,000円が追加されるので、9点では14,000円+4,000円=18,000円になります。
これは、プレミアム10点パックと同じ料金なので、もう1点加えて10点で申し込んだ方がお得なのです。

こんなふうに得をする場合があるので、点数追加の場合は、ワンサイズ上の料金と比べてみてください。

Standerd プラン

スタンダードプランは、次のオプションが無料サービスとしてついています。

7点の衣料品の種類は料金には関係ないので、コートやスキーウェアなどクリーニング料金が高額な衣料品を詰めたほうがお得です。

シャツやセーターなど料金が安い服ばかりを詰めるのは、賢い利用法とは言えません。

料金は次のサイズごとに3種類です。
支払いは、クレジットカードか後払い決済(コンビニ・銀行)から選ぶことが出来ます。
料金はすべて税抜の価格です。

  • 7点パック 
    8,400円 (単価:1,200円)
    追加1点につき1,200円
  • 10点パック
    11,000円  (単価:1,100円)
    追加1点につき 1,100円
  • 15点パック
    15,000円  (単価:1,000円)
    追加1点につき 1,000円

保管サービス付きの大手の他社と比べてみると、料金の安さがよく分かります。
保管期間が若干短いものの、二度洗いや手洗いの丁寧さを考慮すれば、価値ある安さです。

会社名 保管期間 料金 @単価
Wash Closet
7点
10点
15点
7ヶ月
7ヶ月
7ヶ月
8,400円
11,000円
15,000円
@1,200円
@1,100円
@1,000円
リネット PREMIUM CLOAK 7点
7点
12点
18点

8ヶ月
8ヶ月
8ヶ月

9,800円
16,800円
24,800円
@1,400円
@1,400円
@1,378円
カジタク
6点
10点
15点
9ヶ月
9ヶ月
9ヶ月
9,000円
12,000円
15,000円
@1,500円
@1,200円
@1,000円
リナビス
5点
10点
20点
9ヶ月
9ヶ月
9ヶ月
7,800円
16,800円
18,800円
@1,560円
@1,080円
@940円

※2019年8月4日調査

Plemium プラン

プレミアムプランは、次のオプションが無料サービスとしてついています。
上段はスタンダードプランと同じで、下段の防カビ、防ダニ、防臭、抗菌、不織布が追加されています。

スタンダードプランでも、他社と比べて品質的に遜色がありませんが、さらに上級の処理を望むのであれば、プレミアムプランは、コストパフォーマンスの面で非常に魅力があります。

  • 7点パック 
    14,000円 (単価:2,000円)
    追加1点につき2,000円
  • 10点パック
    18,000円  (単価:1,800円)
    追加1点につき 1,800円
  • 15点パック
    24,000円  (単価:1,600円)
    追加1点につき 1,600円

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)の公式サイトはこちら

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)のデメリット

品質も価格も素晴らしいWash Closet(ウォッシュクローゼット)ですが、実用上デメリットとなる部分もありますので、特徴をよく理解した上で利用する必要があります。

以下、デメリットと思われる部分と注意すべき点を説明します。

1点2点の少数では利用できない

冬物のコートとジャケットの2点だけを依頼したいような場合には利用できません。

最少でも7点が最小単位になっています。
2点で依頼してもルール上は構わないのですが料金は7点パックとして、8,400円になりますから、1点あたり4,200円になってしまいます。

家族の分などまとめて、点数を揃える必要があります。

取り扱い除外品がある

下記のような品物は、取り扱いできません。
もし、依頼品の中に入っていると、返却送料として1,000円が請求されて、返送されてしまいますます。

もしも、不安なモノがあれば、写真を添えたメールで問い合わせをしてみましょう。
もちろん問い合わせは無料だし、柔軟に対応してくれるので、案外追加料金でOKが出るものもありますから。

自分の判断で勝手に入れて、1,000円取られて返送されるのは最悪ですからね。

  • 皮革・合皮製品(一部使用を含む)
  • 毛皮製品(一部使用を含む)
  • リアルファー
  • 装飾品着き(ドレスなど)
  • 着物・浴衣
  • 水着・下着など
  • ふとん・寝具など
  • カーテン・カーペット
  • かばん・バッグ・財布・くつなど
  • 洗濯表示タグについて
    (全部X、外外のタグ、タグがない)

個別のお届けは出来ない

例えば10点パックで依頼した中に、結婚式用の礼服を入れておいたとします。

当分、親戚で結婚する予定はないので、6ヶ月間の保管を依頼しました。
ところが、姪っ子が2ヶ月後に結婚式を挙げると連絡があり、大慌て!!

1点だけ先に返してくれと依頼をしても、これは受けてもらえません。
緊急に必要になりそうな衣料品は避けておきましょう。

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)の実際の手続き

ネット上で、PCでもスマホでも簡単に手続きができますが、初めての画面だと緊張するかもしれません。
そこで、簡単なレビューをしておきましょう。

公式サイトに接続すると
『保管を利用する』とか
『申し込んでみる』あるいは
『使ってみる』
という表示のボタンが数カ所あります。

どれでも同じなので、どれかをクリックしてください。


すると、『ご利用アカウントの作成』画面が開きます。
ここに、ご自身の名前、電話番号、郵便番号、住所などを正確に入力します。

最後に、ログインパスワードを自分で決めて『次へ進む』をクリックします。

これでアカウント作成が終了のはずです。

続いて、注文の画面に移ります。
『スタンダード』か『プレミアム』を選択してください。

『スタンダード』を選択すると、最初の画面では『7点コース(8,400円/税抜)』しか表示されていません。

7点コースならこれで良いのですが、10点コースや15点コースに変更する場合は、 『7点コース(8,400円/税抜)』 の文字をクリックすると、プルダウンメニューが開きます。

ここで、ご希望のコースを選ぶことが出来ます。

この後は、画面の案内に従って『お預け予定日』や『保管期間』などを入力してください。
予定日の数量が満杯の場合は、その日が選べないようになっていますから、別の日を選んでください。

この画面は、2019年8月4日の画面キャプチャで作成しました。
実際の画面は随時改善されますので、違っている場合は、実際の公式サイトの指示に従ってください。

Wash Closet(ウォッシュクローゼット)の公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました